ぱちんこ シン・エヴァンゲリオン Type レイ 釘読み 止め打ち ボーダーライン 機種解説

ぱちんこ シン・エヴァンゲリオン Type レイ 釘読み 止め打ち ボーダーライン 機種解説



スポンサーリンク

基本情報

基本スペック

大当たり確率

通常時1/319.7
ST中1/99.5

突入率継続率

突入率 63% 継続率 81%

※時短引き戻しこみでRUSH突入率は73%

大当たり振り分け

ヘソ入賞時
10R(ST163回)1%
2R(ST163回)62%
2R(時短100回)37%
電チュー入賞時
10R(ST163回)100%

表記出玉10c×15発

10R1400発
2R280発

ボーダーライン

換金率表記出玉時
3.33(300発1000円)17.7
3.57(280発1000円)17.2
等価(250発1000円)16.7

※サポ増減無し

止め打ち手順

電サポ止め打ち手順

打ちっぱなしでok

ラウンド止め打ち手順

10発目を弱く11発目を全開に打ち出す。

※捻りが難しいので打ちっぱなしでもok



スポンサーリンク

期待値時給算出ツール

RB
サポ増減(発/回転)
回転率
時速
交換率(玉)

等価ボーダー
持ち玉単価
現金単価
持ち玉時給
現金時給

釘読み

ヘソ釘

※矢印向きで+調整

ヘソ釘 ★★★★☆

本機の最重要釘ではありますが、このサイズでも足りる場合もあり全く足りない場合もあります。完全なバランスタイプ、ヘソは大事ですがヘソだけサイズあっても十分に回らないタイプ全体的に見て台を選ぼう、ちなみに他に大きな+があるならこのサイズで十分たります。他がそこまでなら上記より最低あと2サイズ欲しい所

ヘソ1発返し

ワープ

※×矢印でマイナス調整

ワープ ★★★★☆

ユニコーンと同じステージでステージ性能はかなり高い台、傾斜起こされない限りは半数以上が基本的に決まる(優秀)+調整はなかなか無いのでマイナス調整がかけられてないのをベースに見て行こう。基本は赤釘3本の向きでマイナス調整をかけてきます。ごくまれに緑釘下げてきます。この四本真上真横から見とけばokです。

こぼし・誘導

※誘導 矢印でマイナス調整

※こぼし 矢印調整でマイナス調整

誘導 こぼし ★★★☆☆

無調整なら問題ないです。若干甘目、基本的に真上から見て矢印の釘が曲がってないかを確認しましょう!!

風車

※ ×矢印でマイナス調整

風車 ★★★☆☆

若干辛めな風車、無調整なら問題は無さそう一応+調整な方がいい、4本の釘が矢印方向に曲がってないかを真上からチェック、たまに風車上の右上の釘を下げてくる店もあるのでそちらには注意が必要です。

オマケ

×矢印向きでマイナス調整

オマケ ★★★★☆

軽視したらだめよ、めっちゃ大事です。ここ無調整かマイナスかだけで1k2回転は変わると思って下さい。ここがマイナスなら、ヘソかワープに大幅な+調整が無いとまず足りない。結構分かりやすく調整かけてくる場所なので真上からしっかり見て下さい

※矢印向きでマイナス調整

★★☆☆☆

一種二種でもない普通のロングSTタイプなので削られたら地味に痛い……大幅なマイナスが無ければ大丈夫です。真上、真横から打つ前に見てマイナスならツールに削り有りでシミュレーションしましょう!!



スポンサーリンク