P真・北斗無双 第3章 釘読み 止め打ち ボーダー 遊タイム天井期待値

P真・北斗無双 第3章 釘読み 止め打ち ボーダー 遊タイム天井期待値 本機は一種二種の遊タイム付き機種です。北斗無双の正統後継機!!
V-STから一種二種に大変身!!90%ループでホールを暴れまくるぞ!!


スポンサーリンク

基本情報

基本スペック

大当たり確率

通常時1/319.7
ST中1/6.29

突入率継続率

 RUSH突破率約56.9%
継続率 約90%

大当たり振り分け

ヘソ入賞時
3R(10回+3回)12.5%
3R(1回+3回)87.5%
電チュー入賞時
10R(10回+3回)25%
7R(10回+3回)25%
4R(10回+3回)50%

表記出玉
10c×12発
右打ちの1R目のVは10c×3発

10R1100発
7R740発
4R380発
3R360発

ボーダーライン

換金率表記出玉時
3.33(300発1000円)19.2
3.57(280発1000円)18.9
等価(250発1000円)18.5

残949打ち始め サポ抜け即ヤメ サポ増減無し

止め打ち手順

電サポ止め打ち手順

最終決戦 保留3個貯めたら打ち出し停止

RUSH中 開く前に3発打ち出す

ラウンド手順

V入賞手順 返しが3発なため10発入賞させよう

アタッカー ラウンド間が短いので打ちっぱなしでOK

遊タイム天井期待値-

本機は低確率949回転で255回転の時短に突入、本機は一種二種タイプなので到達=当たりにつながる認識でokです。

等価出玉削り無し

28玉出玉増減なし

狙い目(暫定)

期待値3000円レベルを目安に狙っていきましょう。

またこちらのnoteを参考にしてください。

止め打ち手順

電サポ止め打ち手順

電チューが閉まったら3発以下繰り返し

V入賞手順(上アタッカー)

本機のV入賞は返し3発なので必ず10c拾わせるようにしましょう

ラウンド止め打ち手順(下アタッカー)

初代無双のようにインターバルが短いので打ちっぱなしでOK



スポンサーリンク

釘読み

ヘソ釘

矢印向きで+調整

ヘソ釘 ★★★★★

本機の最重要釘、元々回りにくいタイプです。上記のサイズぐらいサイズが無いと本当に回らない、もしも上記画像のサイズが無いと1k/15回転を切ることが多いので注意してください。

ヘソ3発返し

ワープ・誘導

※×矢印向きでマイナス調整

ワープ ★★★☆☆

ステージは少し強めマイナス調整だと回転率にそれなりに悪影響を及ぼします。入り口よりも誘導の方がマイナスはかかりやすい、真上から見るようにしましょう。

こぼし

※×矢印向きでマイナス調整

こぼし ★★★☆☆

そこそここぼれやすい若干辛め、無調整が理想ですがマイナスだと赤ルートで結構こぼれてしまいます。

真上からチェック右向きマイナスで覚えよう!!(みどり〇以外は左向きが危ない)

風車

※×矢印向きでマイナス調整

風車・風車上 ★★★★☆

寄り部分の急所、マイナスだとそれなりにこぼれる、見方は基本真上から風車を覗き込む、風車上の左上の1本が左に曲がっているとそれなりにきつい、

元々こぼれやすいから無調整が好ましい、マイナスならヘソが最低限ないと本当に回らない。あと寄りマイナス+オマケマイナスだと死に玉の受け皿が無いので本当に回らない

無調整マイナス調整

マイナスの場合真正面からでも結構露骨に風車左上の1本が左に叩かれているのが分かると思います。

左の急所なので必ず見るようにしましょう


スポンサーリンク